2009年09月26日

大阪城外堀のベンチ陥没

大阪城外堀のベンチ陥没 石垣のすき間から土流出か

 大阪城(大阪市中央区)の外堀沿いに設置された休憩用のベンチ周辺などで、最大10センチほどの陥没が見つかったことが26日、分かった。江戸時代初めに築かれた石垣の盛り土が石のすき間から流出したことが原因の可能性もある。公園を管理する市東部方面公園事務所は修復を急ぎたいとしているが、一帯は国の特別史跡のため、石垣への影響などを調べる必要があり、工事に着手できない状態が続いている。>>続きを読む

 ベンチは平成17年度に設置され、周囲はコンクリートブロックで舗装している。ベンチのわずか1〜2メートル前方は高さ10メートル前後の石垣があり、ベンチ直下の土が石垣のすき間から少しずつ外堀へ流れ出して陥没につながったと推測している。

posted by kuremenwindy at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。