2009年09月03日

仮想空間でマルチ商法

仮想空間でマルチ商法 強引勧誘で業務停止4カ月

 インターネット上の仮想空間をめぐるマルチ商法で強引に会員を募り、IP電話機などを販売していたとして、宮城県は2日、特定商取引法違反(不実告知など)で「ビズインターナショナル」(さいたま市、石原茂男社長)に同県内での営業を3日から4カ月間停止するよう命じた。>>続きを読む

 契約者が別の人にキットを販売して代理店にすれば、加入者数に応じて利益が入る仕組みで、勧誘の際、難色を示す人には長時間にわたり会員になるよう執拗(しつよう)に迫るなどしていたという。ものが変わっただけで、中身は変わってないよね。

posted by kuremenwindy at 01:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。