2009年08月13日

イングーシ、建設相が銃撃死

イングーシ:建設相が銃撃死 2人組が執務室襲撃

 【モスクワ大前仁】ロシア南部イングーシ共和国の首都マガスで12日、アミルハノフ共和国建設相が、執務室に押し入った2人組の男に自動小銃で襲撃され、間もなく死亡した。タス通信などが報じた。イングーシでは6月下旬にエフクロフ共和国大統領が自爆テロで重傷を負うなど、反政府組織による要人攻撃が相次いでいる。>>続きを読む

 チェチェンの東に隣接するダゲスタン共和国でも、今年に入って、武装組織やイスラム教過激派によるテロが続き、イングーシと合わせてこれまでに政府高官や治安機関職員など100人以上が犠牲となっているという。ツイッターへの攻撃は、まだかわいいもんなのか?

posted by kuremenwindy at 02:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。