2009年08月05日

ウリベ大統領、駐留米軍の増強問題で南米歴訪へ

ウリベ大統領、駐留米軍の増強問題で南米歴訪へ

 【サンパウロ4日綾村悟】コロンビアのウリベ大統領は4日、ブラジルなど南米5カ国の歴訪へ出発した。コロンビアでの駐留米軍増強問題に対して、関係各国への理解を得ることが目的と見られる。最初の訪問地はブラジルの首都ブラジリアで、ルラ大統領との会談ではベネズエラとコロンビアの外交衝突に関する話題も取り上げられる予定。>>続きを読む

 ウリベ大統領は先月、コカインなど麻薬密売の摘発と極左ゲリラへの対応のために、同国に駐留している米軍の増強を発表したが、これに対して反米左派のベネズエラだけでなく、中道左派のブラジルやチリ、パラグアイなども米軍増強に強い懸念の意思を示したらしい

posted by kuremenwindy at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。