2009年07月30日

インド首相 対パキスタンで野党の集中砲火浴びる

インド首相 対パキスタンで野党の集中砲火浴びる

 【ニューデリー=田北真樹子】インドのシン首相が、パキスタンへの外交姿勢をめぐり野党の批判にさらされている。印パの首相が16日にエジプトで会談した後に発表した共同声明の内容が、パキスタンに譲歩したものだと受け止められているためだ。野党からは「首相はパキスタン陣営に行ってしまった」との声さえあがっている。>>続きを読む

 「インドの、どの政権にとっても、パキスタンが自国の領土を、インドを攻撃するテロ集団に使わせないという約束を果たさない限り、完全な関係改善を目指すことは不可能だ」と言っているもよう。

posted by kuremenwindy at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。