2009年07月13日

フィリピンで誘拐の赤十字職員 最後の一人も解放

フィリピンで誘拐の赤十字職員 最後の一人も解放

 【マニラ=松井健】フィリピン南部スールー州のホロ島で1月、赤十字国際委員会(ICRC)の職員3人がイスラム過激派アブ・サヤフとみられる武装集団に誘拐された事件で、最後まで拘束されていたイタリア人男性(62)が12日に解放された。ICRCは「179日間の監禁で疲れてはいるが、元気だ」としている。フィリピン国軍報道官は身代金の支払いを否定している。 >>続きを読む

 海外は、誘拐されることがありますからねぇ。怖いですねぇ〜

posted by kuremenwindy at 17:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。